人気英語絵本「メイシーちゃん」シリーズおすすめタイトル【7選】読み聞かせに♪




読み聞かせ、たくさんしてあげたいけど、英語の絵本って高いのが多い…

でも、絵本の中でも、リーズナブルに買える絵本もあります。

「メイシーちゃんシリーズ」の絵本は、1冊500円以下で買えるというお手頃さと、子どもがメイシーちゃん大好き♪なのでついつい集めてしまいます。

メイシーちゃん絵本はたくさんシリーズで出ていますが、

その中でも子どもにウケがいいおすすめストーリーを7冊選抜しました!(主観で)




1.Maisy’s Bedtime

一番初めに買ったメイシーちゃん絵本がこの「Maisy’s Bedtime」。とってもカラフルでかわいいメイシーちゃんのキャラクター、子供たちは一気に大好きになりました。

メイシーちゃんのマネをして、ぬいぐるみと一緒にねるようになりましたし、「Turn off the light.」というと電気を消してくれるようになりました(*^^*)

2.Doctor Maisy

メイシーちゃんがお医者さん、看護師役のタルーラが登場します。

このストーリーを読むとお医者さんごっこを始めるわが子(笑)

3.Maisy Drives the Bus

メイシーちゃんがバスの運転手になって、順番にみんなをバスに乗せていくお話。

数字の1のバス停から始まって、終点6番のバス停でみんな降ります。数字の英語も覚えられてGOOD!

4.Maisy Cleans Up

メイジーちゃんがワニのチャーリーと一緒にお家を掃除するお話。

掃除後のお楽しみのおやつが美味しそうで、子どもがいつも食べたがっています(笑)お掃除に関するフレーズが学べます。

5.Maisy Takes a Bath

メイシーちゃんがお風呂にお湯をためて、おもちゃも用意してさて準備万端!というところにやってきたお友達のタルーラとのやりとりを描いたストーリー。

水遊びが大好きな子供たち、これを読むとお風呂というより水遊びをしたがります(;’∀’)

6.Maisy Goes Shopping

ワニのチャーリーとお買い物をするストーリー。果物の英語やレジに行ってお買い物するという流れも知ることができます。

7.Where Is Maisy?

ここで紹介した中で唯一500円オーバーの絵本がこの「Where Is Maisy?」。

この絵本だけ、「ボードブック」タイプになっていて分厚い紙なので丈夫です。そして、Where is Maisy?と仕掛けをめくりながらメイシーちゃんを探すストーリーになっていて、ただ聞いているだけでなく自分でフラップをめくって楽しみながら読み進めていけます。

さいごに

子どもが大好きなおすすめのメイシーちゃんシリーズ絵本7冊でした!

カラフルで可愛いキャラクターとメイシーちゃんとのやりとりが描かれていて、子どももわかりやすいストーリーになっています。

お気に入りのストーリーを、ぜひ見つけてくださいね♪

▼あわせて読みたい▼

【はじめての読み聞かせ】0~3歳向けのおすすめ英語絵本(ボードブック)《8選》

子供を英語好きに育てるために《年齢・発達段階別》おすすめ絵本・やるべき教材。(0~12歳)

【CTP絵本】と【ORT絵本】を比較!それぞれの違い・特徴を解説します。《英語育児》

【おうち英語】「バイリンガール」ちかさんの子育て動画で英語育児表現が参考になる!